029
029
029
029

林果林

題名 Run

制作年 2022

《作品コンセプト》
最近の作品テーマに"大きい世界"というものがあります。これは私が日本の美術界でパワーを持って活躍している作家によく言われた言葉です。

あなたは大きい世界に行きなさい、大きい世界をもっと見なければいけない、そんな言葉をよくかけられました。

ありがたい言葉ですが、どうも自分はその文章で示されるような"大きい世界"に行くほどのパワーは未だなく、というよりはこの日本、東京にいる人間に興味を持っています。

東京で生まれ育ち、結局東京の人間を呆然と眺める、大きい世界とは真反対で退屈であることは自覚しています。

しかし、東京というマジョリティの中にいるマイノリティになることを恐れている人間に目が惹かれます。

そのような人間に私は傷つけられたこともあるし、たまに泣くこともある。

だけれど私もそんな大きい世界に行けない東京の人間と似ている。そんな東京の人を描いています。

素材

キャンバスにアクリルガッシュ

サイズ W.455mm × H.530mm × D.25mm
額装 なし(キャンバス作品のため、そのまま壁に飾ることができます。)
エディション 1
サイン 裏面にあり(会期中はモザイク処理を行っています。)
即決価格 なし
配送までの期間 会期終了後、梱包のご用意のため1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございます。お届け時期はご購入者様に直接ご連絡差し上げます。
配送料金について デリケートなアート作品を、丁寧かつ適切に梱包・配送するにあたり、配送料に変動が生じる場合がございます。そのため、事前に厳密な配送料をご提示できかねることをご了承ください。別途送料のご請求を差し上げる際は実行委員会より直接ご連絡を差し上げます。
林果林の画像

林果林

1998年 東京都生まれ

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

シンプルな色彩で描かれたモチーフを組み合わせたシュールな世界観を得意とする。その世界観には常に絶望的な何かを秘めて制作している。

  【GROUP&SOLO EXHIBITIONS 】

2021年 個展「安息の設定地」・東京 / Powderroom

2021年 グループ展「Z_01」・東京 / 銀座蔦屋書店アートウォールギャラリー

2022年 令和三年度東京藝術大学卒業展示・東京 / 東京都美術館

2022年 グループ展「CHANGTING GALLERY PRIZE 2022」・東京 /長亭ギャラリー

2022年 グループ展「蝉鳴」・台北 / ホテル「美寓meistay

2022年 個展「a party」・東京 / 長亭ギャラリー

【AWARD】

2022 年 長亭ギャラリー展2021 優秀賞


最近見た作品