早川文彩 HAYAKAWA AYA

早川文彩 HAYAKAWA AYA

 シンプルな線と色による抽象的な平面や半立体作品を主に制作する。 油絵具や木以外では、金属のはんだを制作の素材の一つとして使用しているのが特徴。 作家自身が体験した現象や出来事などからスケッチを繰り返し、余分な形を削ぎ落とす。 そうして残った形や線から心地よいバランスを拾い上げようとしている。

1993  岐阜県生まれ
2016  
愛知県立芸術大学 美術学部 美術科 油画専攻 卒業

2016  
個展「A 早川文彩展」/ ギャルリーくさ笛 (愛知)
2016  
アーティスト・イン・レジデンス「%/ 取手アートプロジェクト TAKASU HOUSE (茨城)
2016  
二人展「拡張する光景」/ 取手アートプロジェクト TAKASU HOUSE (茨城)
2017  
二人展「MINGLE/ gallery + cafe blanka (愛知)
2018  
個展「HAYAKAWA AYA exhibition 2018/ gallery + cafe blanka (愛知)
2019  
グループ展「春色展」/ JILL Dʼ ART GALLERY (愛知)
2019  
個展「PASSAGE/ ART CARRÉ in EAU et sel produced by Lucca445 (岐阜)
2020  
個展「PIECE/ 喫茶&洋食 キッチンフクイ (岐阜)
2021  
アートイベント・作品展示「LIFE-SIZE GIHU/ まめぐら/ミカヅキ(岐阜)
2022  
グループ展「yanagase ARTIST MAGNET 2022/ Atelir + Artgallery Lucca445 (岐阜)